辛い時に癒されるパキシル!持っててよかったジェイゾロフト

パキシルの効果

いきなりすごい不安感や嫌悪感に襲われる、うつの方は少なくありません。
精神状態が安定しなくマイナスな気分になってしまったり、何もかもが嫌になったりうつで悩んでいる人は多いのです。
うつの原因として、気分に関与のある神経の物質としてセロトニンというものがありますがこれが減ってしまった時に落ち込んだりしてしまいます。
抗うつ剤として『パキシル』という薬がありますが、これの効果は少しでも不安状態を軽減されるようになっておりパニック障害やうつ病の方に適した薬になります。
その他にも過食症、更年期障害など精神的に問題のある神経症にたいしても服用を進められる場合がありますので多様に取り扱われております。

ですが効果がそれなりに現れる分、副作用が出るという報告もいただいており種類としては目眩や眠気、吐き気があります。
重度になってくると痙攣を起こす時もありご使用の際は十分に気を付けて服用して頂きたいものです。
また抗うつ剤を使用したことによって自殺傾向へのリスクが増える、という結果も出ている為それも踏まえたうえでご注意いただきたいですね。

また先ほども言いましたようにパキシルはセロトニンを増やすことによって精神を安定させる薬になるので、効果に関しても賛否両論あります。
良い感想として『とっても効く!』という人がいる一方で、『副作用が出やすい、ひどい』『効き目が強いため一回服用するとやめられなくなる』という悪い感想もあるのです。
患者により感想が大きく左右される薬になってしまいます。

上記のマイナスな感想を見ると分かるかと思いますが、パキシルは中毒性の高い薬になります。
それなりに効き目がある為「これがないと無理!やめられない!」と依存してしまう患者も少なくなく、一歩間違うと大変危険な医薬品になってしまいます。

需要のある薬ではありますが知識を持って、抗うつ剤のメリットとデメリットをきちんと理解したうえで利用しましょう。