辛い時に癒されるパキシル!持っててよかったジェイゾロフト

抗うつ剤の詳細

抗うつ剤で代表的お薬はパキシルとジェイゾロフトですが、効果と特徴、違いは何なのかを説明致します。
まず、なぜ抗鬱になるのでしょうか?うつの状態と特徴は仕事や家庭問題、生活環境などで悩んで緊張や疲れの感情が貯まり、寝付きにくい、体のダルさで心身共に疲れを感じて気持ちが晴れず落ち込み、ムカつきにより心が不安定となりうつ病になります。
うつ病は多くの人の精神薄弱の一つですが、未だ詳しく素因が判明してない患いです。
うつ病は生活していく中で引き起こりいろんな事柄が重なる事で症状が表に出ます。
そもそも人は性格や、体質、生活環境が違いうつ病になりやすい人、なり難い人がいます。
ではうつ病になりやすい人はどんなタイプなのか。
内気な性格でコミュニケーションを取るのが苦手、ストレスを感じやすい人などで御座います。
では、発症した場合お薬で治療されれますが、日本で代表的な「パキシル」と「ジェイゾロフト」の効果と特徴を説明致します。
まず、安全性が高く病院でよく処方する抗うつ剤の一つです。
その理由が副作用が少なく、気分を楽にせてくれる作用があり抗うつ剤としての効果は弱く、多くの方が評価されているいます。
しかし弱いですが副作用が少なく無理なくレベルではなく、穏やかに効いてきますので、ゆっくり安全に治したい方には良い適応となります。
ジェイゾロフトはセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くという特徴を持っており、気分を楽にさせる作用のあるセロトニンを増やすことで抗鬱効果を発揮させようと言うアプローチを取っていますが、それ以外の「余計なところには作用しない」という特徴により、多かった副作用(口が渇いたり、便秘、立ち眩みの症状が一般的で大幅な軽減を実現しています。

パキシルは適応症として「パニック障害」が認められた国内初の薬でもあり、効果が強いお薬なので副作用が2週間ほど続く場合が御座いますが気持ちが穏やかになる。
ただし、気をつけたいのが気持ちが穏やかになりますと食欲がます事がありますので、暴飲暴食には気を付けましょう。
お薬は体質や体調で副作用、効果が人によってまちまちですので、自分自身のことをよく知り事が大事です。

うつ病の原因や症状についての詳細はこちら
抗うつ剤の種類や比較について確認する